2019年10月18日

研究業績(2014年~)の掲載について

 目黒寄生虫館の行なっている研究活動について、皆さまにさらに知っていただくため、最近5年間に発表された論文の一覧を研究員ブログに掲載しました。ページ右側(PCの場合)または下部(スマートフォン等の場合)のメニューの「研究情報」からご覧ください。

https://kiseichukan.blogspot.com/p/blog-page.html
 
 今後は、論文が新たに発表される都度、ブログでご紹介させていただく予定です。 【巖城】

2019年10月17日

第79回寄生虫学会東日本支部大会で発表


 10月14日に、第79回日本寄生虫学会東日本支部大会が東海大学代々木キャンパス(東京都渋谷区)で開かれました。12日の予定でしたが、大型台風通過のため2日遅れの開催でした。
 当館の4名が次の演題で口頭発表を行いました。【巖城】

(発表順)
・髙野 剛史「2019年に漁獲されたカツオにおけるアニサキス属線虫類の寄生状況」
・佐田 直也「琉球列島中部に分布するヘリグロヒメトカゲに特異的に寄生する Neoentomelas asatoi (Nematoda: Rhabdiasidae) の遺伝的多様性に関する研究」
・小川 和夫「固定法の違いによる吸虫の形態差について」
・巖城 隆「国内のヘビ類3種から見つかった吸虫 Ochetosoma kansense

2019年10月9日

ミニ解説会『カエルとオタマジャクシの寄生虫』(10/26)開催のお知らせ



オタマジャクシはカエルになると、体の中の様子や生活する場所が大きく変化します。そして、オタマジャクシとカエルでは、見られる寄生虫が大きく異なります。この解説会では、それら寄生虫の生活の様子について、いくつかの例を挙げ紹介します。写真はカエルの肺に寄生する線虫の仲間です。【佐田】

日時: 20191026日(土)
①1030 ②1300〜 それぞれ10分程度(2回とも同じ内容)
場所: 1階展示室
予約・参加費: 不要
講師: 佐田 直也(当館研究員)