2020年3月22日

当面の間、臨時休館いたします(3月25日(水)~)

 新型コロナウイルス感染症の流行を考慮し、当面の間臨時休館いたします。

 開館予定、ならびにミニ解説会の日程については、改めてご案内いたします。

2020年3月15日

臨時休館(3月22日(日)まで)と、3月のミニ解説会中止のお知らせ

 新型コロナウイルス感染症の流行を考慮し、3月22日(日)まで臨時休館とさせていただきます。
 次の開館予定は、定期休館日後の3月25日(水)です。

 また、3月のミニ解説会中止とさせていただきます。次回の開催は改めてご案内いたします。

2020年3月8日

3月のミニ解説会中止と、臨時休館(3月11日(水)~15日(日))のお知らせ

 コロナウイルス感染症の流行を考慮し、3月のミニ解説会中止とさせていただきます。
 次回のミニ解説会の開催は改めてご案内いたします。

 なお、3月11日(水)~15日(日)臨時休館とさせていただきます。
 次の開館は、定期休館日後の3月18日(水)です。

 追記(3/15):
 3月22日(日)まで臨時休館とさせていただきます。
 次の開館予定は3月25日(水)です。

2020年2月27日

1階展示室に「情報コーナー」を新設




 「情報コーナー」が1階展示室の階段手前の壁に新設され、2月27日から公開されました。
 このコーナーでは、寄生虫に関する最近の話題や、当館研究員の研究内容、過去の特別展示の抜粋などを、ポスターとタッチパネルを使って紹介します。
 ミニ解説会で使用する60型の映写スクリーンも設置され、より大きな画面で映像を見られるようになりました。
 コーナー最初の展示は、髙野研究員の研究テーマである『ウニやヒトデに寄生する巻貝』と、2019年度特別展示『住血吸虫症の制圧を目指して』の紹介です。
 情報コーナーの掲示内容は、最新の知見をお届けするために、随時更新していきます。毎月開催されるミニ解説会とともに、是非ご覧ください。 【巖城】

2020年2月5日

ミニ解説会「体節を持たない条虫、ギロコチレのお話」開催(2/22)(中止)

【おわび】2月22日(土)ミニ解説会の中止のお知らせ(2020/02/21)


 コロナウイルス感染症の流行を考慮し、2月22日(土)に予定されていたミニ解説会は中止とさせていただきました。決定が開催間際になりましたことをお詫びいたします。なにとぞご理解のほどお願い申し上げます。
 次回のミニ解説会の開催は改めてご案内いたします。





 次回の解説会は軟骨魚類のギンザメに寄生するギロコチレのお話です。ギンザメは、「サメ」という名前はついているものの、同じ軟骨魚類のサメやエイが属す板鰓類とは別の仲間です。ギロコチレは条虫の仲間ですが、サナダムシとは異なり、体節構造は持っていません。体長5 cmほどで、体の側面にフリル状の飾りが付いていて、ちょっとおしゃれな感じがする寄生虫です。現代美術作家 黒沼真由美さんがレース編みにしたサナダムシとギロコチレも展示されていますので、ぜひそちらもご覧ください。 【小川】

日時: 2020年2月22日(土) ①11:00〜 ②13:00〜 それぞれ10分程度(2回とも同じ内容)
場所: 1階展示室
予約・参加費: 不要
講師: 小川 和夫(館長)