2020年10月21日

港区立みなと科学館 企画展『みんなでえがく たべものがたり展』に協力

 港区立みなと科学館では、10月14日(水)から11月23日(月・祝)まで企画展『みんなでえがく たべものがたり展』が行われています。「未来の食べもの」というテーマで、現在開発されている食べものにまつわる科学や技術が紹介されています。
 サバの陸上養殖の紹介の中にアニサキスに関する展示があり、当館はアニサキス幼虫の標本と写真の提供で協力しています。【巖城】

港区立みなと科学館
企画展『みんなでえがく たべものがたり展』
https://minato-kagaku.tokyo/event/みんなでえがく たべものがたり展/

2020年10月9日

深海調査航海に参加しました

 9月30日から10月5日まで、岩手県大槌町沖で実施された深海調査(新青丸 KS-20-15次航海)に参加しました。久しぶりの野外調査です。期間中ずっと船内で生活することになるため、事前に新型コロナウイルスのPCR検査を受け、陰性とわかってからの乗船でした。

 航海中には、水深90~1850 mの海底から底引き網を使って生物を採集しました。カニのお腹に付くフクロムシ(画像3枚目矢印)やクモヒトデに付くハナゴウナ科の巻貝など、様々な寄生生物が得られました。深海に棲む種類は初めて見るものも多く、研究を進める上で重要になりそうです。【高野】

底引き網を用いた調査
フクロムシ(矢印)

2020年8月8日

特別展「アニサキス症-なぜ2018年に急増したのか?-」開催のお知らせ(8/8~)


 今回の特別展は、身近な魚に寄生することが知られる「アニサキス」がテーマです。2018年に、カツオの生食によるアニサキス食中毒が多発しました。そこで当館では、カツオのアニサキス寄生状況を2年にわたって調査しました。その結果をわかりやすく解説し、アニサキス症が急増した背景に迫ります。アニサキス症のしくみや、安全なお魚の食べ方などを紹介するほか、Q&Aコーナーやカツオに潜むアニサキスを探すクイズもあります。【巖城】

期間:2020年8月8日(土)~(終了日未定)
場所:1階 特別展示スペース・情報コーナー

https://www.kiseichu.org/event

ご来館の際には、新型コロナウイルス感染防止のため、ご協力をお願いいたします。

https://www.kiseichu.org/single-post/2020/06/17/再開のお知らせ(6月17日更新)

2020年6月20日

6月20日(土)より、土曜日・日曜日の開館を再開いたしました

 6月20日(土)より、土曜日・日曜日の開館を再開いたしました。
 これにより、開館日・時間は以前のとおりに戻ります。
 ご来館の際には、新型コロナウイルス感染症対策ご協力をお願いいたします。

 【ご見学時のお願い】

 状況によっては、再び臨時休館の対応をとる可能性もございますのでご了承ください。【巖城】

2020年6月11日

6月10日(水)から展示を再開しました


 6月10日(水)から1階・2階の展示を再開いたしました。
 当面の間、水曜日〜金曜日のみ開館し、土曜日・日曜日は引き続き臨時休館とします。月曜日・火曜日は通常休館日です。
 感染症対策として、パネルの解説はタッチパネルを使用せず、自動再生で上映しています。また、日本海裂頭条虫(サナダムシ)の長さを体験できる8.8mのひもを一時的に撤去しています。
 先日の記事のとおり、1階展示室の標本の配置換えを行い、種類別に色分けしました。1階「地球・人間・寄生虫」パネルには、マダニやヤマビル、ハリガネムシなどの解説を追加しました。これらはパネル下のディスプレイでご覧いただけます。前回記事でお知らせした「山口左仲博士の論文原図」の展示も是非ご覧ください。現在、タッチパネルでの拡大表示はできませんが、スライドショーで拡大画像を上映中です。
 ミニ解説会や特別展示の開催については未定ですが、決まり次第、公式サイトでお知らせいたします。【巖城】